サポート制度

パートタイム・ジョブシェアリング
家庭の事情、ベイン以外でのキャリア、その他個人的なニーズに基づきパートタイムでの働き方を希望される場合、ベインは各人のニーズに最適なオプションを検討します。

リフレッシュ休暇
コンサルティング業務以外のことに一定期間集中的に取り組みたいといった個々人のニーズに即し、パフォーマンス評価に基づいて休職期間を設定することができます(平均2カ月間)。

勉学のための休暇・休職
個人的な理由で中・長期的な休職期間が必要になった場合にも柔軟に対応します。

上記以外にも、育児休暇の取得・延長、エクスターンシップ、他オフィスへのトランスファー等の様々な制度が整備されており、一人ひとりのニーズに応じた働き方を選択できます。世界中のベイン社員は、入社したその日からこれらの支援を受けることができます。ベインでは性別にかかわらず、キャリアとライフスタイルのバランスを取ることが推奨されています。実際に、ベインにおける女性パートナーの80%以上が上記のサポート制度を利用しています。各パートナーのキャリアパスはいずれもユニークで、個々人のニーズに沿ったものとなっています。

クライアントに価値ある成果を提供できる優秀な女性人材を採用し、個々人の成長をサポートし、働き続けられるようにすることは、ベインにとって重要な使命です。実際に、ベインはワーキングマザーをはじめとする女性たちとベイン従業員から、働きがいのある企業として世界的に評価されています。

2011年までの過去4年連続で、ベインはアメリカのWorking Mother誌において「女性が働きたい上位100社」に選ばれています。同時に、シカゴオフィスのディレクターであるKrista RidgewayWorking Mother of the Yearを受賞し、彼女のメンタリングとトレーニングの実績が高く評価されました。

ベインでは、大きなインパクトをもたらすことに情熱を傾ける才能あふれる人材を採用してその成長をサポートし、働き続けられる環境を提供することに注力しています。また、ベインでの充実したキャリアを長期にわたって築けるよう、個々人の興味やパッションに即した機会を提供する制度を設けています。ベインは、コンサルタント各人の人生とともに歩んでいける企業であることを目指しています。