ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

Consulting Interview Preparation

ケース・インタビュー

ケース・インタビュー

ケース・インタビューは実際のクライアント案件を題材に使用して行われます。ケース・インタビューを通じて面接官は応募者が、どのように課題にアプローチするのかを確認し、応募者側はベインのアプローチを知ることが出来、双方にとって良い機会となります。

Recruits answer some case interview questions.

ケース・インタビューとは

ケース・インタビューとは

ケース・インタビューは、面接官が過去に担当したビジネスケースを題材に用いて出題されます。
提示される課題は、志願者を困らせるために作られたような難問や理論問題ではなく実際にクライアントが抱える課題です。ベインはこの面接形式を採用することで志願者と実際のプロジェクトチームで行われるような、リアリティのあるディスカッションをすることが出来ます。

コンサルタント(およびその他一部の職種)に応募される方は、応募するオフィスを問わず、ケース・インタビューの対象となります。

重視するポイント
  • 問題解決のアプローチ
  • 分析力とクリエイティブな思考性の有無
  • 提言構築のためにどのようにデータを活用して課題を定量化するか
  • 自身のアイデアを伝えるコミュニケーションスキル
  • 提言実行のための提案内容

面接を成功させるためのヒント

  • 「面接」ではなく「実際のビジネスにおけるディスカッション」だと捉え、ビジネスにおける判断力を証明するために、本質を突いた議論ができるように心がける
  • 答えにたどり着く事を意識する: 面接中に何を解くべきか、考えるべき質問に集中する
  • 常に現実的に考える: 自身の提言に関して、どのような懸念が想定されるかを予想し、提言が現実的で規模を拡大させることが可能かどうか、そしてリスクを特定しどのように回避できるかも考慮する
  • コミュニケーション・対人スキルアピール: 自信、積極性、プロジェクトへの強い関心を印象づけ、クライアントや同僚とどのように働く人物なのか、面接官がイメージできるようにする
  • よく話を聞く: 議論の全てを書き留めることは避け、課題を理解することに集中し、仮説を構築する。もし行き詰まったら、面接官は常に志願者をコーチングしようとしているので、解決を導くヒントがどこかにないか考える
  • 無理にフレームワークを使わない: フレームワークはコンサルタントが知っておくべきことが反映されているので、特定の業界やビジネス課題にそれらを適応する力があることを、面接官に提示することは大切だが、必ずしも全ての場面において使用する必要はない
  • 自分の考え方を面接官に伝える: 面接官への質問の中で、自分の思考プロセスを伝えます。これにより面接官はあなたの思考力を知ることができる
  • 数学の能力: 分析と計算の両方を鍛える
  • 練習し、リラックスして臨む

Consulting Interview PreparationNext: Experience Interview

As part of the second-round process for consultant and summer associate positions, several of our offices conduct an experience interview in addition to the case and written case interviews.