ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

Consulting Interview Preparation

筆記ケース・インタビュー

筆記ケース・インタビュー

筆記ケース・インタビューは、従来のケース・インタビューの延長線上にあり、複数のオフィスにおいて、コンサルタント職やサマー・アソシエイト・プログラムの二次選考プロセスの一環として実施しています。

Keith Bevans, head of consultant recruiting, discusses some interview tips.

筆記ケース・インタビューとは何か?

筆記ケース・インタビューとは何か?

筆記ケース・インタビューでは、資料に示された課題に対し提言を行います。インタビュー前に、ケースに関する設問や情報が与えられ、準備時間が設けられます。

面接では、クライアントの現状を把握し、考え得るアクションや選択した策のトレードオフをそれぞれ考慮した上で、説得力のある解決策を提示することが求められます。続いて、面接官と深い議論を進めながら、クライアントが結果を達成するためにとれる最善な策を特定します。クライアントを成功に導くアクションは複数存在する場合もあります。

コンサルタント職に応募する場合は、筆記ケース・インタビューを受けていただく場合があります。オフィス紹介のページで詳細情報を確認してください

実際の流れ
  • クライアントの現状を示した20~30ページのスライド資料が配布されます。
  • 面接の前に約55分間の準備時間が与えられるので、その間にスライドに目を通し、鍵となるインサイトを見極め、提案の要点をインタビュー前に書き留めます。
  • 続いて約40分間で、面接官に解決策を提示し、その提案内容について議論します。実際にクライアントに提案する場面での対応力を評価するために、面接官は仮説や事実について説明を求める場合があります。

面接を成功させるためのヒント

  • 直感を信じる: 「正解」がある訳ではないため、面接では説得力のある解決策を提案し、クライアントの結果を達成するために最適な施策について深いディスカッションを展開することを目指す。
  • 優先順位をつける: 短い準備時間を有効に使うために、重要度が低いと思われるスライドは後回しにする。
  • 簡潔に伝える: キーメッセージを要点としてまとめ、詳細はディスカッションの中で伝える。
  • 数学を使う: 提案する解決策にはどのような分析が必要となるか判断し、スライドから適切なデータを組み合わせる。
  • 現実的であること: クライアントが実際に実行できる解決策を作る
  • 提案におけるメリット・デメリットの両面を検討する: 対峙する考えも考慮し、提案の根拠を強化する。