ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

宮川 亜希人

マネージャー, 東京

経歴:

国際基督教大学卒、シティグループ証券株式調査部を経てベインに参画。全社トランスフォーメーション戦略、顧客ロイヤルティ戦略、全社組織改革といったテーマを中心に、精密機器、証券、保険、サービス業など幅広い業界のプロジェクトを手がける。MBA留学制度を利用してINSEADにてMBAを取得。現在はクアラルンプールオフィスにトランスファーしマネージャーとして在籍。

"クライアントに寄り添う変革の伴走者"

外部目線で企業の戦略・業績を分析する株式アナリストの立場から、ベイン入社後は戦略策定・実行に携わる立場になり、前職とは違うやりがいを感じています。

ベインは、クライアントが変革を成し遂げ、企業価値成長を達成することを最重要ミッションと定義しています。そのために、我々コンサルタントは、経営者の最重要論点を定め、答えを出し、その実行を支援することに日々全力で取り組んでいます。クライアントにとって最善の戦略を妥協せず考え抜く「True North」の姿勢は、若手コンサルタントにもすべからく浸透しており、ベインの結果主義カルチャーの礎となっています。私自身はまだまだ若輩者ですが、クライアントが変革を成し遂げるための、良き伴走者となれるよう、精進する毎日です。

「職場」という観点でみると、特に、成長環境、サステイナブルなワーク環境、One Bainのカルチャーが、ベインの大きな特徴です。

第一に、ベインはコンサルタント・社会人として圧倒的に成長できる環境であると感じています。日々高いレベルのアウトプットが求められる環境下で鍛えられるのは勿論ですが、加えて、仲間の成長を助けるのは当たり前、というカルチャーや仕組みがあります。私自身、入社後は苦労の連続でしたが、数多の同僚に手助けしてもらい、何とか独り立ちすることができました。またベインには、一定期間他企業・NPO等で経験を積むExternshipやMBA留学のスポンサーシップなど、個々人のキャリア目標の実現を強力にサポートする制度があります。新卒、中途問わず、様々な成長機会を手に入れることが可能です。

第二に、ベインにはコンサルタントが気力・体力ともに充実して働くことを促す制度が整っています。例えば、ベインでは、担当するプロジェクトの満足度調査が週次で行われ、クライアントに価値を提供しそれを実感するにはどうしたらよいか、サステイナブルな働き方を維持するにはどうしたらよいか等について、プロジェクト内で毎週必ず話し合います。また、育休、時短勤務など、個々人のライフスタイルに合わせた働き方を最大限尊重する職場でもあります。何か困難なことがあっても、相談すれば必ず手を差し伸べてくれる会社だと感じており、非常に安心して働くことができます。

最後に、東京オフィス、またグローバルベインとしての一体感、すなわちOne Bainカルチャーも、この職場の大きな魅力の一つです。One Bainカルチャーの根源は言うまでもなく「人」ですが、ベインの同僚は皆オープン、かつフレンドリーで、尊敬できる人ばかりです。こうした素晴らしい同僚との交流を深める機会も多く、クラス(役職)毎の研修・食事会やファームワイドでのイベントなど、毎週何かしら社員同士の交流機会があります。素晴らしい同僚達と、One Bainを強力に推進するオフィスの方針こそが、優れたチームワークの源泉だと感じます。面白いことに、世界中どのオフィスでも極めて近いカルチャーを有しており、どのオフィスの同僚ともすぐにチームワークを発揮できるのがベインの特徴です。