ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

大越 一樹

パートナー, 東京

経歴:

京都大学卒業後、都市銀行、大手会計事務所を経て、フランスHEC経営大学院にて経営学修士を取得後にベインに参画。顧客戦略、営業改革、アフターサービス戦略等のテーマを中心に、銀行、ホテル、自動車、通信など 幅広い業界のプロジェクトを手がける。また、社会貢献の一環として、NPO法人に対するプロボノ・コンサルティングにも数多く推進。 

 

"よりよい社会の実現に向けて"

自分の力で世の中に大きなインパクトをもたらしたい。皆さんは、そうした熱い思いを胸に、活躍の場を探しておられるのではないでしょうか。ベインは国内外の様々な企業へのコンサルティングを通して、世の中に結果をもたらしている一方、全世界で社会貢献活動に対する支援も数多く行っています。

米国においては2000年に、NPOを対象とするコンサルティングファームであるブリッジスパン社を設立し、日本でも2008年から、育児、医療、教育、地域振興など様々な分野のNPOに対する無償コンサルティング支援を継続しています。平均して、東京オフィスに所属するコンサルタントの約3割が、通常のコンサルティング業務のかたわら、ボランティアでこうした支援活動に携わっています。ファクトに基づいてクライアントの課題を明らかにし、結果につながる「具体的な」アクションを提案することは、結果を出すプロである私たちができる最大の貢献です。 

社会にインパクトをもたらす主体は企業ばかりではありません。非営利団体の活動を通して、様々な問題に起業家マインドを持って取り組む方々が数多くいらっしゃいます。熱い志を持ちNPOを立ち上げた若手リーダーたちとお仕事をさせていただく中で、私達が逆に刺激を受け、教えられることが多々あります。熱い思いを持った皆さんの参画をぜひお待ちしています。