ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

深川 康介

コンサルタント, 東京

経歴:

東京大学法学部を卒業後、べインに参画。全社戦略、事業成長戦略、M&Aといったテーマを中心に小売り、飲料、エレクトロニクス、通信・ハイテク、プライベート・エクイティなど幅広い業界のプロジェクトを手がける。ヨハネスブルグオフィスへのトランスファーを経て、現在東京オフィス勤務。

 

"Global one team"

ベインは「Global one team」を標榜しています。

私は、ヨハネスブルグオフィス、ブリュッセルオフィスで働いた経験に加え、日々日本で働く中でも、この考え方が世界中のベイン社員の働き方に体現されていることを強く実感しています。海外オフィスで働く中で感じたのは、ベインのシンボルにもなっている「True north (真北)」という共通指針の存在です。「True north」とは、クライアントが真に進むべき方向性を示す、という意味を表すベインの理念の一つですが、海外のオフィスでも、「クライアントにとって何が本当に正しいと思うか?」と問われ続ける日々でした。日本で生まれ育ち、アフリカ・ヨーロッパ市場の知見をほとんど持ち合わせていない私にとって、その問いへの答えを追求し続ける日々は、決して楽なものではありませんでした。しかしながら、海外オフィスでも一人のコンサルタントとして、クライアントにとっての「True north」は何か、という共通の問いと向き合い続けたことが、確実に自身の成長に繋がったと感じています。

また、東京オフィスに戻ってからも、世界中のオフィスで働くベイン社員との繋がりを感じる日々です。海外オフィス時代、グローバルの研修で知り合った同僚とは、今でも友人としての関係が続いているのみならず、日々密に連携しながら仕事をしています。

ベインは、現在世界56都市にオフィスを構えています。世界中にその地域・国の市場・企業のプロフェッショナルが友人として働いているのを想像してみてください。皆様にも、「Global one team」の一員としてベインに参画頂ける日を楽しみにしています。