業界別プラクティス

自動車・モビリティ

自動車・モビリティ

ビジネスシステムの変革を実行し、将来に向けて加速

自動車・モビリティ

自動車・モビリティ業界は今、大規模なディスラプションに直面しており、5つの重大トレンド(詳細は下記”5 RACES”を参照)が関連業界だけでなく、社会全体にも大きな変化をもたらすことが予測されています。各企業はこの難局を乗り切るべく、どのトレンド要素で差別化を図るのか、また幅広いパートナーシップを通じて、何に率先して取り組むべきかを見極めることが求められます。

今日の自動車・モビリティ業界では、従来のバリューチェーンへの取り組みに注力するのではなく、改めて顧客に焦点を合わせ、適切なデジタル技術に投資を行い、経営上層部から製造現場に至る組織のあらゆる側面を見直し、ビジネスシステム全体を変革する必要があります。

このような環境下で、ベインは自動車メーカー、サプライヤー、販売店、テクノロジー企業、モビリティサービス提供事業者などと密に連携して画期的な戦略を策定し、クライアントが既存事業のフルポテンシャルを実現するとともに、あらゆる側面からビジネス上の将来性を高めることで新たな機会を確実に掴み取ることができるよう支援を行います。

ベインの実績

ベインの実績

クライアントの結果

5 RACES(5つの重大トレンド)

5 RACES(5つの重大トレンド)

自動車業界は、将来の市場の主導権争いに向けて大きな変革期を迎えています。ベインはこの要因である破壊的トレンドの頭文字をとって「5 RACES」と呼んでいます:

Real customer focus: 真の顧客中心

Autonomous driving: 自動運転

Connectivity/Digitalization: コネクティビティ

Electric powertrains: 電動パワートレイン

Shared mobility services: シェアードモビリティサービス

従来の自動車メーカーおよびサプライヤーはいずれも、5 RACESに対応するうえで自社としての答えを導き、戦略を策定し、将来の市場の主導権争いに対する準備を整えておく必要があります。5 RACESのどのトレンドに取り組む場合も、大規模な投資に加え、ソフトウエアを含む新たなケイパビリティの構築が必要になると考えられます。解決すべき課題の大きさを考慮すると、強力なパートナーシップ抜きにして、独自の解決策だけで5 RACESの全トレンドに対応できる企業は数少ないでしょう。

各トレンドの発展スピードや軌道は様々な要因によって左右されます。例えば電気自動車の普及は、国や都市が定める規制、バッテリー/電池のさらなるコスト削減、充電走行距離や充電性能を含め、各社による競争力の高い商品提供、市街地や高速道路での充電ステーションの整備状況などが大きく影響します。ベインは5 RACESのトレンド別シナリオを用いて、特定条件のもとに普及S字カーブが転換するポイントを予測する独自のデータモデルを構築し、継続的改良を重ねています。

5 RACESは今後10年、さらにその先のプロフィットプールに多大な影響を及ぼすことになります。主要都市部では、自動運転のロボタクシーがシェアードモビリティに革命を起こすと考えられています。自動運転や新たなモビリティサービスなどの主要トレンドによってプラットフォーム経済が発展し、少なくとも先行企業は、収益性に優れ、市場で勝利できる確立が高い事業モデルを築き上げる機会を獲得できるでしょう。対照的に他社の出方を待っていた企業は、特定のプロフィットプールへの参入機会を逃す、あるいは出遅れを取り戻すために莫大な投資を余儀なくされる可能性があります。

予想される大手OEMおよびサプライヤーの動き:

  • 特定のトレンドに狙いを絞り込み、リーダー企業のポジション獲得を目指す。この達成には、これまで自動車業界が強みとしていた領域以外の特定ケイパビリティの獲得やM&Aへの多額の投資が必要となる。差別化されたオムニチャネルの顧客インターフェイスを提供し、ブランド価値を実現するとともに、独自のエコシステムを構築することが極めて重要。
  • 大手テクノロジー企業に限らず、他トレンドでは競合関係にある企業とのパートナーシップを活用。例えば自動運転のケイパビリティ構築に向けては、自社リソースが限られている中、パートナー企業との協働を通じて業界全体の標準やプラットフォームを確立し、幅広い相乗効果、さらには囲い込み効果を創出するOEMやサプライヤーが勝者となる。
  • 従来の自動車事業におけるオペレーションのポテンシャルを最大限高め、研究開発、製造、調達、営業/マーケティング、アフターセールス、サービス、管理全般といったバリューチェーン全体で主要なベンチマーク基準を達成。
  • このような大規模な変化が現実味を帯びるのは10~20年後だとしても、新たなプロフィットプールに参入し、収益性の高いコア事業を維持・拡大できるよう、戦略上重要な意思決定と投資を直ちに実行することが極めて重要。

エキスパート

Automotive and Mobility M&A: How Companies Tune Up Their M&A Engines

Manufacturers and suppliers are racing to secure leadership positions in an industry in which high-tech and software capabilities are critical for success.

Read More

知見

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。