ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

機能別プラクティス

チェンジ・ マネジメント

チェンジ・ マネジメント

大規模なチェンジ・マネジメントの8割以上は失敗に終わっています。ベインのResults Delivery®アプローチは変革初日から伴うリスクを予測、測定、管理することによりクライアントが困難を克服できるよう、支援を行います。戦略策定から実施までに至る比類なきサポートにより、成果物として持続的な結果を提供します。

活動内容

活動内容

チェンジ・マネジメントを適切に行える企業は競争に優位であり、比較的新しい組織が得意としています。ベインの調査では、なんと8割以上の企業が期待していた結果に到達できずに終わっていることが分かりました。そして、この割合は1980年代 や1990年代に行った調査結果と殆ど変わらない上、この状況はチェンジ・マネジメントを取り巻く環境はさらに複雑になっています。 何十年にも渡る経験とグローバル企業184社における分析から、ベインは新しい知見を得ることができました。—結果が期待できる新しい手法のチェンジ・マネジメントで企業を支援します。

  • 明確に構造化し, 全体を統合し、”チェンジ”を根付かせるためには コーチングとケーパビリティを付けるトレーニング が重要です。チェンジを進める上で、全てのプロセスでクラウドベースツールを使用してクライアントをサポートし、 トラッキングや加速を容易にします。
  • 失速してしまう一番の要因を特定し、解決することでチェンジ・マネジメントを加速させます: やる気が損なわれてしまっている状況でも、ベインはクライアントチームから コミットメントを改めて引き出し ゴールに向かって熱意をもって進めるように支援します。こういった変革によく伴われる 取り組み姿勢の問題 解決についても支援しています。
  • リーダーシップがチェンジ・マネージメントにコミットする姿勢を見せることで 目的の共有 を体現でき、大きな組織に浸透させることができます。ベインのユニークな co-creationアプローチはチームのタレントを最大限引き出し、今まで達成できたことを確認しつつ、さらに前進できるよう支援します。

 

知見

観点

観点

変化は予測可能:変化の多くは予測困難であると思われています。しかし実際には、リスクや変化はある程度予測可能で、測定可能、管理可能です。大半のチェンジ・マネジメントプログラムが失速するのは、組織が変化の実行および実装に付随するリスクを考慮していないためです。最初にシンプルなリスクアセスメントを実施するだけで、具体的なリスクを早期に特定し、成功率を劇的に向上させるシンプルで実用的なアクションをとることができるのです。

導入後も見据えて取り組む:多くの組織は、変化の導入には成功しますが、期待していたメリットを享受できません。導入は比較的容易です。それはスポーツの世界で新しいプレイブックをデザインするようなものです。しかし、新しいプレイブックの本当のメリットを享受するには、プレイヤーが実際にその新しいプレイ方法を使い始めなければなりませんし、そこが何よりも難しいところです。実現するには、社員の行動を変える必要があります。変更する必要のある重要な行動の数はごくわずかですが、経営幹部がそれを特定せず、推進しない場合、困難な事態に直面することになります。変革に向けた取り組みの成功と失敗を隔てる最大の違いは、導入だけにとどまらず、その後のメリットの実現をめざして実行することにあります。

強力な「支援者の屋台骨」を構築する:本当の意味で変革を遂げるためには、社員の考え方と働き方を変えなければなりません。そして新しい行動を定着させるためには、その取り組みが様々な組織のメンバーにより構成された「支援者の屋台骨」によって強化され、推奨される必要があります。実際に、個人の行動に対して最も大きな影響力を持つのは、直属の上司です。ボトムアップ方式で「支援者の屋台骨」を構築することが不可欠であるのは、こうした事情によります。現場の社員から最高責任者クラスの経営幹部に至るまで、途切れることなくつながることによって、はじめてあらゆる階層の社員が各自の役割を理解し、仕事に積極的に関与する準備が整います。カスケードのプロセスで、指揮命令系統の途中に「ブラックホール」があると、それよりも下の変更プロセスがストップします。つまり、変革に向けた取り組みの成果を上げるためには、プログラムマネージャーとシニアリーダーが「支援者の屋台骨」について、それが健全な状態にあるかどうかを継続的にモニターすることが不可欠なのです。支援者の屋台骨が有効に機能していないことが判明した場合には、コーチングの対象とするか、あるいは場合によっては交代させるべきなのです。

成果を上げることは容易ではなく、時間、集中力、決断力、そして未来のプランニングが必要です。最善だと信じて行っていたことも、予定していたコースを外れる可能性がある中で、ベインは経験豊富なパートナーとして難局を切り抜けることができるよう支援し、お客様の組織が永続的な成果を残せるよう支援します。

ベインの Results Delivery アプローチ

  • 個人の成功を実現する:組織は変わらなくても、人は変わります。成果を上げるためには、個人が行動を変えなければなりません。成果の大半を推進する少数の重要な行動を特定し、行動の帰結を適切なタイミングで肯定的かつ一貫して示すことによって行動を促進します。個人の能力を開発するためには、コーチングに投資する必要があります。コミュニケーションを双方向の対話に切り替えることによって、変化に向けたモチベーションを醸成できるのです。
  • 未来に命を吹き込む:未来について、わかりやすく魅力的なビジョンを描くことで、各リーダーが一体となってこのビジョンに同調し、コミットして、組織全体を巻き込んで推進するようになります。それによって、信憑性があり、変革を実現できるソリューションが開発できるのです。
  • 深いコミットメントを引き出す:リーダーシップを発揮できる人材を育成し、リーダーが効果的に共同作業を実行できるようにします。健全な「支援者の屋台骨」を構築できれば、リーダーの強いコミットメントの元、影響力を行使できるのです。
  • 価値を提供する:組織が持つ変化を実践する力と変化を吸収する力に基づいて、現実的な変革計画を作成します。効果的かつ効率的な意思決定を確実に行うために、最適なガバナンスを確立します。計画策定や進捗評価と同時並行で、計画の実現を最重視しながら価値を生み出します。

持続可能な仕組みを作る:組織のイネーブラー(役割、構造、文化)に適切にアプローチすることで、変革を支えるシステムとテクノロジーに改革していきます。フィードバックループと対応メカニズムを確立することによって、常に結果を出せる組織を創出します。

Results Delivery® is a registered trademark of Bain & Company, Inc.

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。