ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

Industry

通信

通信

通信関連企業は、コネクティビティとカスタマーインティマシーの戦いに挑んでいます。プロフィットプールが縮小し、移動通信と固定通信サービスの融合が進み、エコシステムの境界が曖昧になっています。ベインはこのような状況においても支援することが可能です。ベインはグローバルにおける通信関連企業の、より深い顧客理解、より優れたネットワーク構築、持続的な成長モデルの構築、高パフォーマンス組織運営によるコストリーダーシップの実現を支援します。

知見

活動内容

活動内容

ベインは通信業界における、世界有数のコンサルティング企業です。当社は世界の通信事業者トップ50社(中国を除く)の85%と、また大手通信機器関連企業の80%の企業を支援しています。

ベインのクライアントはビジネスを変革するためのチャンスを見出す意欲が高く、ベインの通信コンサルティングエキスパートは、クライアント企業が継続的に結果を達成できるよう、必要不可欠な支援と専門知識を提供します。ベインはクライアントにとって最も重要な課題に対応すべく、実践的な戦略の策定を重視しています。

  • 成長:戦略はベインが行うあらゆる支援の核になっています。ベインは信頼できるアドバイザーとして、通信関連企業の無線戦略、移動通信戦略、固定通信と無線通信の融合などにかかわる戦略的な判断を下す際の支援を提供します。また、クライアントが未来のエコシステム内のどこで戦うのか、新たなコンテンツデリバリーモデルやブロードバンドを収益化する新たな機会から、どう収益を上げるのか、プロフィットプールを拡大するために、どのようにパートナーを選ぶかについても支援します。
  • 変革:ビジネスの軌道を変える。ゲームのルールを覆すような結果をもたらすべく、財務、オペレーション、戦略の方向性を変えるために、ベインは機能横断的に力を尽くします。
  • デジタル:破壊的モデルで優位性を築くベインは通信関連企業がデジタルやアドバンスドアナリティクスを活用してコア戦略を達成し、顧客を満足させ、よりスマートに、より迅速に業務を遂行できるように支援します。
  • 設備投資(CapEx):設備投資の配分を改善する。Bain Capex Impactは、通信関連企業の経営陣が戦略的ポジションを引き上げ、市場シェアを拡大するための設備投資の配分を可能とします。ベインは通信関連企業がデジタルやアドバンスドアナリティクスを活用してコア戦略を達成し、顧客を満足させ、よりスマートに、より迅速に業務を遂行できるようにします。
  • 組織の効率性効率的な組織とは、競争に巻き込まれない強みを会社に提供するものです。ベインは組織全体が同じ方向を向いており、各組織の目的を達成できるよう体制を整えます。
  • 会社の簡素化複雑性は財務成果を悪化させるサイクルを作り出します。ベインは通信関連企業の効率性を高め、その顧客によりよいサービスを提供できるようにします。ベインのIT業績改善のエキスパートは、顧客が満足し、かつ費用削減につながるよう、アジャイルな組織を設計し、バックエンドプロセスを簡素化する支援を提供します。
  • 資本市場での取引クライアント企業が価値を創造できるよう、ベインは、戦略と総株主リターンとをリンクさせます。これまで、ベインのクライアントは市場全体と比較して株価において約4倍のパフォーマンスを示しています。
  • 顧客体験ベインはこれまでにない顧客戦略を策定する支援を行います。Net Promoter System®を活用したベインの専門部隊は、顧客エンゲージメントを増やして継続させることと同時にサービス配信や顧客セグメンテーション、価格設定を最適化することを支援します。

通信とハイテク、メディアの境界がなくなりつつあることから、ベインの通信関連クライアントはハイテクプラクティスやメディアプラクティスのエキスパートとも知見を共有しています。また、ベインのプライベートエクイティグループは世界中のプライベートエクイティが関係するディールの筆頭コンサルティングパートナーです。

ベインはクライアントと結果を追い求める情熱を共にし、Results Delivery®という独自のチェンジマネジメントに対するアプローチを使用して、フルポテンシャル実現を支援します。Results Deliveryは変革初日からリスクを常に予測、計測、管理することにより、結果を実現できるよう支援します。

エキスパート

観点

観点

通信事業者や通信機器サプライヤーのこれまでのコアビジネスは強いプレッシャーにさらされています。ベインは専門知識に加え、世界中に700名を超えるパートナーとシニアコンサルタントのネットワークを擁しています。通信業界での豊富な経験を通して、この業界で最も重要な課題に対応する支援を提供します。

 

不確実性への対応。通信業界は大きな分岐点に差し掛かっています。プロフィットプールが縮小し、移動通信と固定通信の融合が進み、拡大するエコシステムの中でビジネスの境界が曖昧になっています。通信業界のプレーヤーは業界再編にどのように参加するのか、また、現在進行中の技術的変革及びインフラ関連の変革に対していかに対応するのかを判断しなければなりません。

正しい判断を下すことによって競争上の優位性を獲得。通信関連企業はコネクティビティとカスタマーインティマシーにおける戦いでどのように勝利を収めるのか決定しなければなりません。また、自社ネットワークの価値を最大限認識させることにより、顧客のフォーカスを価格のみからシフトさせる必要もあります。通信関連企業のこのような再プレミアム化(repremiumization)の取り組みには革新的な製品とサービスが不可欠であり、また、価格設定と営業には洗練されたアプローチも欠かせません。

データサージへの投資とネットワークインフラの改善。ユーザーは豊富なデータ量のやり取りを不可欠とするサービスやアプリケーションを活用していることから、ネットワークインフラ能力に対する需要は引き続き増大するものと思われます。通信関連企業はこれまで以上にインフラに対して賢明な投資を行う必要があり、また、どこに投資すれば顧客経験に最も大きな影響を与えることができるのかを正確に認識しなければなりません。

 

顧客を楽しませる。通信関連企業は顧客やビジネスに対して、何が本当に重要なのかを調べる方法を確立しなければなりません。様々な接点で顧客それぞれに見合った経験を提供することがますます重要になっているのですが、同時に顧客のプライバシーに関する懸念に十分注意しながら進める必要があります。

製品、プロセス、組織の簡素化。革新的な通信関連企業は、ますます複雑化する商品群やサービスから、拡大しつつあるデバイス、OS、アプリケーションの世界に至るまで、さまざまな要素の複雑性を管理するにあたり、オペレーショナルエクセレンスを発揮しなければなりません。オペレーションがスムーズに進行し、組織がその潜在能力を最大限発揮できるよう、企業には柔軟性と効率性が求められるのです。

規制緩和の影響を見込む。規制機関は業界の収益に対して大きな影響を及ぼす力を持っています。今後数年にわたって、通信分野へのプレッシャーを引き続き継続し、競争レベルを管理するものと思われます。ベインは様々な国で、法令や方針に影響を及ぼしたいと思うクライアントや諸機関と数多くかかわってきました。

投資家に対して説得力のあるストーリーを策定。グローバル市場の不安定性は投資家の信頼感を揺るがし、説得力のある答えが必要となる問いを生じさせます。通信関連企業は自社に対する投資家基盤を理解して競合他社より魅力的な戦略を策定し、適切な配当水準を確保することにより、投資家が将来に対して投資するように働きかける必要があります。

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。