業界別プラクティス

通信

通信

かつては安定的だった通信業界は大きな過渡期を迎えています。
今こそ変革の時です。

通信

通信関連企業はパラドックスに直面しています: 通信関連企業が提供するサービスは、消費者や企業にとってこれまで以上に重要度を増すなか、主要な財務指標や顧客満足度は下降線をたどる一方です。通信関連企業はどこで勝負し、どうすれば勝利できるのかという難題を突き付けられています。

今後10年間で従来の通信関連企業モデルを根底から覆すようなディスラプションが、この課題をさらに困難なものにしているのです。通信関連企業は、戦略やオペレーティングモデルを再構築し今日の通信業界に対応する必要があります。現状維持という選択肢はなく、インフラ、サービス、プラットフォーム、バーティカル・ソリューションという4つの分野で明確なパーパスを持っている他社と競わなくてはなりません。

通信関連企業は、従来の方法を学び直し、新しい現実に素早く適応しなくてはなりません。またそれぞれの分野には、成功を定義する非常に明確なルールがあることを理解する必要があります。

The Great Delayering : As Telcos’ Integrated Era Ends, It’s Time to Embrace New Strategies

The Great Delayering : As Telcos’ Integrated Era Ends, It’s Time to Embrace New Strategies

どこで勝負し、どうすれば勝利できるのか

どこで勝負し、どうすれば勝利できるのか

ベインは、クライアント企業がどの分野で活躍できるか、新しいビジネスモデルに移行するタイミングや、各分野を定義するルールの理解を深めるための提言を行います。ベインは通信分野でのコンサルティングにおいて、業界最大手企業を対象に事業変革を支援してきました。世界トップの通信関連企業30社の93%がベインのクライアントで、通信事業案件におけるPEファンドへのアドバイザリー支援においても業界をリードする存在です。ベインは、クライアント企業と連携し、クライアント企業の理想的な変革の形、変化への対応力、現在および将来の技術力と優先事項の決定、そして何よりも顧客起点の姿勢を追求し、支援を行います。

ベインは、各業界に関する専門知識、戦略的パートナー企業、そして独自のツールを組み合わせてクライアント企業を支援します:

  • 無線通信、移動通信、固定と移動通信の融合といった戦略上重要な意思決定を実行 

  • 最適なインフラ投資を行い、競争状況を把握した上で最も高いリターンの実現

  • 製品/プロセスの簡素化を通じて、コストを削減。設備投資の最適化により、効果・効率を高め、優れた顧客体験を提供

  • よりアジャイルで顧客起点の企業を目指し、競合他社の動きに対応できるオペレーティングモデルの再構築 

  • 企業買収・合併(M&A)の機会とベストプラクティスの特定および活用 

  • ケイパビリティやプロセスにAIを組み込み、将来に柔軟に対応

  • 組織全体のオペレーション業務でESG(環境、社会、ガバナンス)のベストプラクティスを実践 

今日において、通信業界は過渡期を迎えています。通信関連企業はこの先、顧客とそのニーズを最優先しながらも、新たな技術やプロセスを導入していくことが必要となります。 

ベインの実績

ベインの実績

クライアントの結果

エキスパート

知見

In the News

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。

Lumi℠ is a service mark of Bain & Company, Inc.