ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

Industry

テクノロジー

テクノロジー

企業のビジネスがソフトウェア、ハードウェア、サービス、ストレージ、コンポーネンツ、周辺機器であるかに関係なく、ハイテク業界では長期的な視点とともに、即時に変化に対応できる能力が必要不可欠であることは周知されています。ベインの業界横断的な専門知識とグローバルな視点からの知見は、日々のイノベーションがチャンスでもあり、また脅威でもある業界でハイテク企業が競争を勝ち抜くために活用されています。

知見

活動内容

活動内容

ベインはコンピューターソフトウェア、ハードウェア、半導体、ITサービス、ストレージ、コンポーネンツ、周辺機器関連等の企業を支援してきました。ハイテクコングロマリットトップ10社のうちの8社、ソフトウェア大手5社のうち3社、そして半導体の主要企業の多くがベインのクライアントです。

ベインは業界のあらゆるステージで、またライフサイクル全体にわたって、次のように、様々な企業に支援を提供しています。

  • マーケットリーダーには合併、隣接分野への拡大、顧客セグメントの改変、営業の効率性改善、R&Dプロセスの合理化、戦略的な調達、コスト削減などが強みをいかに維持し、強化さえすることになるのかを考えていきます。
  • 減速バンプに乗り上げた企業には、可能性のあるニッチ分野を発掘し、コスト構造を徹底的に練り直して資本構造を変える可能性を検討し、実施できるよう支援します。
  • 新興プレーヤーには現在の軌道を維持しつつ、市場参加に伴う複雑性の増加に対応するため、組織拡大とプロセス増強を支援します。
  • プライベートエクイティの投資先企業には、戦略的必須事項について新オーナーと意思疎通を図り、オペレーションの業績改善計画を策定、実施できるよう支援します。

ベインは業界を牽引するハイテク企業と協力して、業界の課題に挑む戦略的計画の策定に携わります。具体的には、いかにテクノロジーやビジネスモデルのイノベーションをコアビジネスの成長に取り入れるか、クラウドコンピューティングを用いて、いかにビジネスに影響を与えるか、また、業界のプロフィットプールをふまえて新サービスに進出するべきかどうかを検討し、進出する際にはどのようにするのか、といった活動が挙げられます。

また、ベインのハイテクプラクティスは、メディアと通信の各プラクティスの専門知識も包括的なノウハウとしてクライアントへ提供します。

更に、ベインのプライベートエクイティグループもこれまで、長期的にハイテク業界を支援してきました。

エキスパート

観点

観点

ハイテク企業は、時に相反するような難解な数多くの課題に直面しています。一方で、新規市場や新たな競合他社は、次にあげる7つの一般的なテーマにまつわるイノベーションを牽引する形で、継続的に興隆してきます。

 

  • ITアーキテクチャのシフト
  • 新たなコンピューティングプラットフォーム、コミュニケーションプラットフォームの台頭
  • 純粋な技術革新
  • 新たなビジネスモデル
  • コミュニケーションの新たな方法の出現
  • プラットフォームの成功に基づく「付属的な」チャンス
  • ビジネスプロセスが生み出す新たなアプリケーション

 変化は絶え間なく続く一方で、ハイテクのテーマは普遍的です。新しいものは古いものにとって代わるのではなく、補完することが一般的なのです。その結果、状況はますます複雑になります。

 この絶え間ないイノベーションと並行して、ハイテク業界の「古い」領域は成熟していき、他の産業でみられる昔からのパターンをたどっています。

  

  • 競合企業の集中激化
  • 漸進的な製品イノベーション
  • 顧客セグメントの更なる特化
  • グローバリゼーション
  • 低コストチャネルへの移行
  • 規制強化、規制緩和
  • アーキテクト、プラットフォーム、フォーマット、ビジネスモデルのシフト
  • 業界再編により成長課題を抱えるセクターにおけるプライベートエクイティの役割増大

 

クライアントの結果

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。