ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

Press release

ベイン・アンド・カンパニー「世界の高級品市場レポート」2015年の世界高級品市場は2,500億ユーロを突破する見込み ~日本市場はインバウンド効果で13%成長し200億ユーロに~

ベイン・アンド・カンパニー「世界の高級品市場レポート」2015年の世界高級品市場は2,500億ユーロを突破する見込み ~日本市場はインバウンド効果で13%成長し200億ユーロに~

  • 2015年10月29日
  • min read

Press release

ベイン・アンド・カンパニー「世界の高級品市場レポート」2015年の世界高級品市場は2,500億ユーロを突破する見込み ~日本市場はインバウンド効果で13%成長し200億ユーロに~

 

NEWS RELEASE

ベイン・アンド・カンパニーは、イタリアの高級ブランド統括団体であるアルタガンマ財団と共同で公表した業界観測レポート「世界の高級品市場レポート2015年版」の中で、2015年の世界の個人向け高級品市場規模が小売額ベースで2,530億ユーロに達し、対前年比13%増(為替変動による影響を排除した実質市場成長率は1~2%)となる見込みだと発表しました。

主な地域・国籍別動向:

日本:堅調な国内消費と中国人旅行客の増加により、日本市場は引き続き実質ベース、ユーロベース共に成長しています。日本の高級品市場は対前年比13%増(実質市場成長率は9%)、200億ユーロになると予測しています。高級品市場に占める日本人による購入は全体の約10%で、国内・海外を合わせた購入規模は250億ユーロ程度となります。

中国:世界最大の高級品消費者は引き続き中国人で、その割合は全体の31%に上ります(米州24%、欧州18%)。特に中国人の欧州における免税購入は、ユーロ安の恩恵を受けて対前年比64%増となっています。

中国の国内消費は実質ベースではわずかに縮小したものの、為替の影響によりユーロベースでは対前年比17%成長したため、国別ではイタリアやフランスを抜き、米国、日本に続く第3位となりました。

当レポートの著者の一人であるベイン・アンド・カンパニーのプリンシパル、フェデリカ・レヴァトは、「世界の高級品市場成長において、中国人消費者が主要なプレーヤーであることは明らかだ。これまでも、中国人消費者が中国本土よりも海外で高級品を購入していることはわかっていたが、その購入先はこれまでの香港やマカオから、為替変動の恩恵を受けられる欧州や韓国、日本へと変化してきている」と述べています。

香港・マカオ:中国政府による高額支出に対する取り締まり強化などの影響を受けて、香港とマカオの高級品市場は実質成長率マイナス25%となっています。

米州:米州の2015年の実質市場成長率はフラットと見ています。ドル高により世界の旅行客にとって米州での高級品購入は割高になっており、国内消費は増加したものの、旅行客による購入の落ち込みをカバーするだけにとどまりました。ただ、米国は786億ユーロと世界最大の高級品市場であり、ニューヨークのみで日本全体を上回る規模の市場が存在しています。

主な流通動向:

オンライン:2015年の高級品のオンライン市場は168億ユーロと、対前年比40%で成長しています。オンラインの占める割合は高級品市場全体の7%と、3年前の約2倍に成長すると見ています。

ディスカウント:中国などにおける、より費用対効果の高いディスカウント商品を求める中間層の増加に伴い、ディスカウント店の市場規模は259億ユーロとなる見込みです。百貨店など他の販路でのセール価格販売(マークダウン)も増加しており、2015年には高級品市場全体の35%を占めると見られています。

ベインでは、高級品ブランドにとって最大のチャレンジは、正しいプライシング(価格)モデルを構築することだと考えています。オンラインショッピングや海外旅行客の増加により、内外価格差に対する透明性が増しています。また、価格に敏感な消費者は、高級品の商品価格がその商品価値に見合っているか、厳しい目を持つようになってきています。その結果、ブランド企業が内外価格差を軽減し、各国でどのような価格付けにするかを慎重に検討する必要が出てきています。また、旅行客の増減に対応できる在庫管理や、各市場やチャネルにおける定価・セール価格販売の調整も必要です。

べインの「世界の高級品市場レポート」では、個人向け高級品の他にも幅広い領域を調査対象に加えています。高級車、高級ホテル、高級ワイン・スピリッツ、高級食品・外食、高級アート、高級インテリア、プライベートジェット、高級ヨット、高級クルーズを含む2015年の全体市場規模は、対前年比14%増(実質市場成長率は5%)の1兆440億ユーロに到達するとみられています。

ベイン・アンド・カンパニーの「世界の高級品市場レポート」についての詳細や、取材をご希望の方は、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン、マーケティング担当までご連絡ください。

ベイン・アンド・カンパニーについて

ベイン・アンド・カンパニーは、世界のビジネス・リーダーが「結果」を求めるときに訪れる経営コンサルティング会社です。ベインはM&A、テクノロジー、消費財・小売、マーケティング、プライベート・エクイティ、デジタル・トランスフォーメーション/デジタル戦略、そしてアドバンスド・アナリティクス等においてクライアントを支援しています。実践的な知見を提供し、クライアントの変革を実現させ、新たなケイパビリティを定着させるためのスキル構築の支援も行っています。ベインは、クライアントの結果と自社の得る経済的なインセンティブを連動させており、ベインのクライアントの株価は市場平均に対し約4倍のパフォーマンスを達成しています。ベインは1973年に創設、現在世界37カ国に59拠点のネットワークを展開し、その深い専門知識とクライアントはあらゆる業界とセクターにまたがっています。