ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

スナップチャート

アジア太平洋地域の小売の未来:「デジタルリーダー」や「急速なデジタル新興国」など、市場を4つのグループに分類

デジタルディスラプションの規模と市場の成熟度を基準にセグメント化することで、性質が異なる市場から構成された小売業界の今後の遷移を予測する

スナップチャート

アジア太平洋地域の小売の未来:「デジタルリーダー」や「急速なデジタル新興国」など、市場を4つのグループに分類
ja

アジア太平洋地域の小売は極めて多様な市場から構成されている。予測困難なこれら市場のパターンを解き明かすため、ベインは従来の小売チャネルの規模、食料品市場の集中度およびその他の測定指標を用いて、市場成熟度を評価した。続いて、オンライン普及率や上位デジタル企業のEC市場占有率を基に、各国で生じているデジタルディスラプションの規模を特定し、成熟度に照らし合わせてマッピングした。このように市場をセグメント化した結果、アジア太平洋地域は4つのグループに分類でき、それぞれ独自の進路を辿ることが見えてきた。

ベインの分析結果から、世界中の小売業界で大規模なデジタルシフトが起こり、アジア太平洋地域はそれを凌ぐスピードで変化していることが明らかとなった。例えば、インド、ベトナムおよびインドネシアは「急速なデジタル新興国」に分類される。これらの市場は、現時点では成熟度は低く、ディスラプションも小規模だが、集中的に資金を投下してデジタル化を加速させていることから、今はまだ市場の成熟度は低いものの、近い将来中国のような同じような状況からeコマース先駆者になり、成長し続けている国に肩を並べることが予測される。その一方で、以前からデジタル面で群を抜いている韓国は、「成熟したフォロワー」(マレーシア、フィリピン、タイが合流間近のグループ)に属する他の市場にとって、今後の可能性を見いだす上で参考事例となっている。

Related Brief

アジア太平洋地域の小売の未来

アジア太平洋地域が世界小売業界成長の約75%を牽引

Tags

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。