ベインのウェブサイトは、ユーザーの、利便性の向上、と機能改善のために、クッキーを使用しています。詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。このサイト閲覧を継続されることで、クッキーの使用についてご了承いただいたことになります。

書籍

TIME TALENT ENERGY – 組織の生産性を最大化するマネジメント

TIME TALENT ENERGY – 組織の生産性を最大化するマネジメント

  • 2017年10月17日
  • min read

書籍

TIME TALENT ENERGY – 組織の生産性を最大化するマネジメント

「働き方改革」だけでは生産性は上がらない

昨今、個人の生産性向上への自己啓発・ノウハウといった「個の強さ」への取り組みや、「働き方改革」を通じた会社と社員のあり方について声高に叫ばれていますが、本書では個人の生産性向上の取り組みのみでは「組織生産力」を上げることはできず、グローバル競争に勝てないという分析結果を示しています。

超低金利時代のいま、競争力の源泉たる最も希少な経営資源は「時間(Time)・人材(Talent)・意欲(Energy)」ですが、これら3要素を最重要戦略課題として取り組んでいる企業はあまりに少ないのが実情です。本書は、単なるコスト削減ではなく、真に希少な経営資源のマネジメントを通じて社員の生産性を大きく引き上げるにはどうすればいいのかという問いに対する処方箋を提示しています。

日本語版の刊行にあたっては、日本企業の管理職を対象に独自調査を実施し、日本企業はグローバル比で組織生産性が20%も低いといった結果とその要因への見解も加えられています。

本書紹介ページ (Amazon.com)

プレスリリース

Tags

お気軽にご連絡下さい

私達は、グローバルに活躍する経営者が抱える最重要経営課題に対して、厳しい競争環境の中でも成長し続け、「結果」を出すために支援しています。